「高槻市への引越しを検討しているけど、災害のリスクはあるのかな?」
「災害のリスクやその対処について詳しく知りたい!」

引越しをする際、その市には災害のリスクはあるのか、災害への対処は万全かが気になるポイントですよね。
近年、台風や豪雨などによる土砂災害などの被害が相次いでいて、不安になる方も多いかと思います。
自然災害の被害を予測してその被害範囲を地図で表し、避難経路などの情報が載っているハザードマップは、災害前・災害時に非常に有効でしょう。
そこで今回は、高槻のハザードマップについて解説します。

□水害・土砂災害の発生リスク

全国で集中豪雨の回数が増加傾向にあります。
具体的には、気象庁・国土交通省の資料によると、1時間ごとの雨量80mm以上の発生回数が増加傾向にあるとされています。
1時間雨量80mm以上は滝のように降り、傘は全く意味がなくなるほどの雨です。
この状況は大きな災害が起きる可能性が非常に高く、警戒が必要であるとされています。
今後も増加していく傾向にあるとされているので注意が必要でしょう。

□高槻市の水害・土砂災害ハザードマップ

高槻市では集中豪雨が起こった場合、その地域にはどのような被害があるのか、被害範囲はどのくらいかということを示した水害・土砂ハザードマップがあるのをご存知でしょうか?
このハザードマップの被害予測は、避難行動や避難経路の確認に役立ちます。
また、ハザードマップには災害のリスクだけでなく、防災知識もわかりやすくまとめられています。
以下でもう少し詳しい特徴を見ていきましょう。

*使いやすさ

マップ形式ではなく、冊子形式となっているため管理が楽です。
また、冊子に穴を開けることで冷蔵庫などに吊るしておけるので、いつでも手に取ることができます。
他にも、避難勧告・避難指示・警報が出た際の取るべき行動が表紙に記載されているので、いざという時に迅速な行動が取ることができるでしょう。

*マイマップの作成

自分の家と避難所にシールを貼ることで、被害範囲予測で示されている場所を避けて通る避難経路を考えることができます。
実際にその経路を歩くことで、マップでは見えない危険な箇所はないか、どのくらいの時間がかかるのかを確認しましょう。
その後、その避難経路を書き込むことで、安全な経路で迅速な避難ができます。

□まとめ

以上、高槻のハザードマップについて解説しました。
高槻市には、安心・安全・使いやすさなどを考慮したハザードマップがあるのがお分かりいただけたかと思います。
今回の記事を参考に、高槻市への引越しを検討してみてはいかがでしょうか?
また、高槻市周辺の賃貸マンションやアバートのお部屋探し・不動産物件などのご相談なら当社にお任せください!
当社は賃貸の管理・リフォームなどを行う不動産総合ショップです。
お客様のご安心・ご要望を最優先し、一生懸命サポートします。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい