高槻市にお住まいの方で地震の対策について気になっている方はいらっしゃいませんか?
地震が発生した際に適切な行動を取るためには、あらかじめ地震対策をしておくことが重要です。
今回は、高槻市での地震の事前対策についてご紹介します。

□家の内外を確認

揺れによって、家具の転倒や建物の倒壊が生じる場合がありますが、このような被害を抑える方法をご紹介します。

*耐震チェック

まずは、ご自宅のどのようなところに地震に対して強さや弱さがあるかを確認しておくことが重要です。
耐震チェックを通してご自宅の耐震性能を理解することで、耐震改修に向けた行動に繋げることができます。
耐震チェックは、建築時期、過去の災害、増築、老朽度、建物の形状、吹き抜けの有無、壁面、壁の配置、屋根と壁の量、建物の基礎の合計10個のチェック項目で構成されています。
また、地盤については、軟弱地盤、埋立地、液状化を起こしやすい地盤、山地や丘陵地は特に注意が必要です。

*耐震改修

本棚や食器棚、タンスなど転倒したら危険を及ぼす家具は支え棒や転倒防止マットを用いて転倒しないように対策しましょう。
建物が経年劣化してヒビが入っている場合などは、倒壊の危険があるので適宜改修工事をしましょう。

□避難対策

大規模な地震によって建物の倒壊の恐れが生じた場合、速やかに避難行動をしなければなりません。
緊急時に慌てなくて済むように、避難対策を講じることが重要です。

*非常時の持ち出し品の準備

事前に非常時の持ち出し品をリュックなどにまとめておくと良いでしょう。
最低限のものとして、衣類・衛生用品、救急医薬品、非常食品、現金・貴重品、3日分の食品があると安心です。

*避難場所の確認

高槻市は、緊急避難場所、避難所、広域避難地をそれぞれ定めています。
ご自宅や職場から近い避難場所をあらかじめ把握しておくといざという時に適切な避難行動ができます。
具体的な場所は、高槻市の防災ハンドブックやホームページに掲載されていますので、確認しましょう。

*救護所の確認

ご自身や家族が怪我をした場合は適切な救護処置を受ける必要があります。
大規模な災害では医師や看護師は病院で救護を行わず、指定された救護所に出向してトリアージを始めとした救護処置を行います。
計16箇所の救護所が指定されていますので、こちらも高槻市のホームページなどで確認しましょう。

□まとめ

今回は、高槻市での地震の事前対策についてご紹介しました。
地震発生に備えるためには、ご自宅の耐震性を上げることと、避難対策を講じることが重要です。
今一度対策を見直してみてはいかがでしょうか。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい