高槻市は2018年6月に発生した大阪北部地震の震源地でした。
そのため、建物の損壊など大きな被害に見舞われました。
そこで注目されるのが地震の防災対策です。
この防災対策は高槻市に住んでいる方やこれから移住する方にとって、とても気になります。
こちらでは、高槻市が地震などの防災のためにどのような取り組みをしているのか解説します。

□高槻市地域防災計画

高槻市は地震などの災害予防や復興対策をあらかじめ計画し、それを冊子にして市民の方に提供しています。
その主な内容をまとめました。

*地震被害の想定

あらかじめ地震被害を想定することで、防災のためにどのような取り組みをすればいいのかを明確にしています。
高槻の直下にある「有馬高槻断層帯」や南海トラフ地震の被害予想から、震度6弱~6強を想定して防災対策をしています。

*災害が起きた際に動く体制の整備

災害は人の手で発生を防ぐことはできません。
しかし、あらかじめ体制を整備しておくことで防災できます。
地震が起きた際にどの震度の揺れが発生したらどんな対応をするのか具体的に示しています。
例えば、「震度5弱以上の場合、災害対策本部を設置する」などです。
また、水害や土砂災害に関しては発生危険カ所を住民にハザードマップで知らせています。
さらに、災害が発生した際の情報収集や伝達、医療体制、緊急物資、避難所をあらかじめ整備しています。
これらの整備は高槻市が大地震を経験したことで、さらに強化されました。

*防災教育の実施

市民の方への防災教育を積極的に行っています。
高槻市の防災対策や危険な行動を知ってもらうためです。
学校での教育や防災訓練、市民に対してハザードマップ作成の推奨などをしています。

□その他の高槻市の地震防災への取り組み

高槻市ホームページの「くらしの情報」には地震対策のページがあります。
そこでは、家の内外で注意する耐震チェック事項や高槻周辺の地盤、実際に地震が発生した時の対策を解説しています。
このように高槻市自体が日ごろから地震への注意喚起をしています。

□まとめ

高槻市が地震の防災のためにどのような取り組みをしているか解説しました。
高槻市が実施している防災対策はまだまだあります。
ご自分の家もしっかり防災対策をして、もしもの時に備えてください。
当社は高槻市の賃貸・売買物件を専門に取り扱っております。
災害に強い、頑丈で耐震性がある住宅が数多くあります。
まずは当社ホームページから物件をご覧になってください。
お気に入りの物件が必ずありますよ。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい