2018年6月18日に発生した大阪北部地震は記憶に新しいと思われる方が多くいらっしゃいますよね。
高槻はこの地震の震源地であり、最大震度が6弱であったため、住宅の破損や火災など大きな被害が多発しました。
このような大きな被害があったため、高槻市は被災者支援を積極的に行っています。
その一つとして補助金があります。
ここでは、地震の被災者の方が高槻市から受け取れる補助金の概要や支給金額、請求方法を解説します。

□高槻市の地震被災者の方への補助金制度

高槻市には地震など被災者の方への補助金制度が多くあります。

*災害見舞金

日本国内で災害(地震・火事・豪雨など)によって被害を受けた市民の方に支給しています。
支給金額は住宅の被害状況によって異なります。
・全壊:5万円
・半壊・床上浸水・全治1カ月以上の傷害:3万円
請求は被害を受けてから1年以内です。
受付窓口は高槻市役所本館4階の総務部危機管理室です。
被害を受けられた状況により、記入方法や添付書類が変わります。
請求する前にお問い合わせください。

*住宅などの修理に対する支援制度

損壊の被害を受けた住宅の修理工事をした場合、その費用を支援する制度です。
住宅が「一部損壊」以上の判定を受けた場合にこの制度を利用できます。
支給金額は修理費が30万円以上50未満の場合3万円、50万円以上の場合5万円です。
申請は危機管理室一部損壊等住宅支援窓口へ郵送するか持参で行えます。
この申請は修理工事完了後に行ってください。

*地震義援金

地震によって家族が亡くなられたり、重傷を負ったり、住宅に半壊以上の被害が出たりした場合に申請できます。
支給金額は状況によって異なります。
・親族が亡くなられた:100万円
・重傷を負った:10万円
・住宅が全壊:100万円
・住宅が半壊:50万円
請求方法も被害状況によって異なります。

その他にも、国民年金保険料の免除や住宅の応急修理も行っています。
それぞれの詳細情報は高槻市のホームページからご覧になれます。
もし当てはまるなと感じたら、詳細を確認して窓口に相談してみてください。

□まとめ

地震の被災者の方が高槻市から受け取れる補助金制度について解説しました。
高槻市は大阪北部地震が発生した後、さらに災害への対策を強化しています。
制度がしっかりしているので、高槻市への移住を考えていられる方は安心できます。
当社では高槻市の物件を専門に取り扱っております。
ホームページの「お知らせ」では高槻市の教育や福祉の制度も解説しています。
ぜひそちらもご覧になってください。
また気になる物件がありましたら、お問い合わせください。
資料請求や見学は無料で実施いたします。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい