高槻市に在住しながらペットを飼う場合、どんな手続きが必要なのか疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、高槻市で特に犬を飼うことになった場合に必要となる手続きについて紹介させていただきます。

□犬を飼い始めた際に必要となる手続きとは?

*犬の登録

産まれてから91日以上経過した犬を飼育する際は、狂犬病予防法第4条に基づいて、犬の登録をする必要があります。
登録の申請は、保健所窓口にておこなってください。
その際には手数料として3000円が必要になります。
こちらの登録は、1匹の犬の生涯のうち1回の申請でかまいません。
申請後には、犬鑑札が配布されますので、飼育する犬の首輪などにつけておきましょう。
紛失・破損してしまった際は、保健所窓口にて再交付の申請をしてください。
その時には、別途で1600円の手数料が必要になります。

□毎年必要な手続き

*狂犬病予防注射と注射済票の配布

こちらは毎年1回必要となる手続きですので注意してください。
産まれたから91日以上経過した犬には、狂犬病予防法第5条に基づいて、狂犬病の予防注射を受けさせて、注射済票の交付を受けることが必要です。
また、保健所では、毎年4月はじめに市内各所で特別の会場を設置して注射をおこなっています。詳しいことは、高槻市のホームページにて案内されているので、飼い犬の注射を考えておられる方はご参考にしてみてください。
予防注射後が終了したあとには、狂犬病の予防注射をおこなった旨の証明書が配布されるので、注射済の票配布の手続きをしましょう。
手続きが終了すれば、注射済票が発行されるので、飼育されている犬の首輪等につけておきましょう。
紛失・破損してしまった際は、保健所窓口にて再交付の申請をしてください。
その時には、別途で340円の手数料が必要になります。

□飼っている犬が亡くなってしまった場合

犬が亡くなってしまった際は、犬の死亡登録事項変更の届出書を、保健所にて提出する必要があります。
また、犬鑑札及び注射済票も返納しましょう。
手数料は必要ありません。

□最後に

今回は、高槻市で特に犬を飼うことになった場合に必要となる手続きについて紹介させていただきました。
手続きによって、1回の手続きで良いもの、毎年の手続きが必要となるものについて区別してお伝えしました。
また手数料も異なるので注意してご確認ください。
高槻市で犬を飼われる方は、ぜひご参考にしてみてください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい