資産価値ってどのようにして決まるの?
という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、物件の資産価値はどのような基準で測られるかについて紹介させていただきます。
主に不動産会社と金融機関がどのようにして資産価値をつけているのか、詳しくみていきましょう。

□資産価値は土地と建物の価値を基準にする

不動産には決まった価格がありません。
それでは資産価値がどうやって算出されるのかというと、一般的に土地と建物の価値で査定されます。

 

□土地の価格

1つの土地には、「公示地価」「基準地価」「固定資産税評価地価」「相続税路線価」という4種類の違った価格があります。
これらを総称して、一物四価、または時価を加えて五価と呼ばれています。

 *公示地価とは?

国土交通省が土地の取引の基準にするために算出するためのもの。

*基準地価とは?

都道府県知事が土地の取引の基準にするために算出するためのもの。
公示地価を補うための要素が強いです。

*固定資産税評価額とは?

市町村が固定資産税などの税金を計算するために算出するもの。
公示地価の約70パーセント程度です。

*相続税路線価とは?

国税庁が相続税や贈与税を計算するために算出する、路線ごとの価格。
公示地価の約80パーセント程度です。

 

□建物の価値

それでは次に建物の価値はどうやって算出するのかお伝えします。
金融機関が建物の価値を決めるときには、建築単価を参考にしています。
新しく建てた時の建築費を参考に築年数を合わせて、資産の価値を出します。
不動産業者では、法定耐用年数を基準にして、価格を算定するのが普通です。
一例で示すと、47年のアパートの場合、1年ごとに価値が減少していき、47年後には0円の価値になってしまうということです。
不動産業者や金融機関においても、物件の価値は一定には測れません。
そのため、売却価格が本当にそれでいいのか、最終的に決めるのは売主です。
正確な相場を調べて、売りに出そうと考えている物件の状態をきちんと知って売却の準備をしなければ、本来の正しい価値で売却できずに損してしまう可能性があります。

□最後に

今回は、物件の資産価値はどのような基準で測られるのか、ご紹介させていただきました。
主に不動産会社と金融機関がどのようにして資産価値をつけているのか、詳しくみていきました。物件の売却を検討している方や、資産価値を知りたい方は、ぜひご参考にしてみてください。

この物件に関してのお問い合せはこちら

お問い合わせ内容 (複数選択可)※必須 物件の間取り図詳細を取り寄せたい物件を実際に見たい(見学希望)その他、物件に関するお問い合わせ
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
ご希望の連絡方法※必須 メール電話
その他何かありましたらご記入下さい